株式会社SSプランニング 佐村です。

 

令和2年 11月19ブログ更新しました。

タイトルは、「憧れの香港」です。

ブログは毎月10日、20日、30日辺りに更新しています。

  

サブタイトルの下りのエスカレーターを上れ!は、現役時代にビジネスを通じて感じていたことです。

「私たちのビジネスは、常に下りのエスカレーターを上っているようなもの、

一生懸命にやってるつもりでも下りの力(環境の変化やライバルたちの努力)が強いと上に上がりません。

ましてや、上る力を止めたときには、あっという間に下がってします。

まさに下りのエスカレーターを上るようなものです。」

この言葉は2000年くらいから会議の席や全体集会等で使ってきましたが、

いつの時代もも同じですね。

 

「事業内容」「代表者略歴」「ブログ(勝手に一言)」

「お問い合わせ」「リーダーの皆さんへ」「若い人たちへ」

上記ナビにあるそれぞれのコーナーをクリックしてみてください。

(スマホの方は、右上の≡から各項目へ)

元気の出る私からのコメントもいくつか抜粋して載せてます。

時間のある時に、どうぞ。

 

  株式会社SSプランニング 代表取締役 佐村信哉

 

 

日経ビジネスに出ました

日経ビジネス5月4日号の巻頭にある、「有訓無訓」というコーナーに私のコメントが載りました。

内容は、36年前に29歳でニッセンの役員になった時に10人ほどいた部下は、すべて年上、経験も豊富でなかなか言うことを聞いてくれません。・・・・このHP(リーダーの皆さんへのコーナー:リーダーは孤独なもの参照)

そして、1990年代後半のニッセンが倒産すると言ううわさが飛び交ったころ、周りの反対を押し切り、一切の条件変更を禁止し、取引をやめると言われたら、堂々と受けることを指示しました。また、代わりの仕入れソースは海外での製造小売りを増やす方向に舵を切りましたが、周りの冷たい視線や陰口なども聞こえてくる中、会社の倒産も現実になる可能性もあり、綱渡りのような時期でした。

その時に「リーダーは本当に孤独だなあ。」と痛感しました。

コロナでリーダーの意思決定が普段以上に重要な今、現場で意思決定をしている方は、「リーダーとは孤独なもの。」と割り切って、今こそ自分の信じる道を行けばよいのではないでしょうか。と結びました。

 

 




サイトメニュー

・ホーム

・ 事業内容

・ 代表者略歴

・お問い合わせ

・ブログ(勝手に一言)

・リーダーの皆さんへ

・若い人たちへ

株式会社SSプランニング

メール:samura@ss3648plan.com

2019年10月現在の関係先企業

・株式会社ファーマフーズ

(東証二部)取締役

・株式会社フューチャーラボ 取締役

・株式会社ファーマフーズ 通販顧問

・株式会社プロント 

 チーフアドバイザー

・株式会社アクトプロ 顧問

・株式会社官民連携事業研究所 顧問

・薫風舎 顧問

・伊三郎製ぱん大野城店オーナー

・伊三郎製ぱん志免店オーナー