山の中の桜の木 (No.4)

(続きを読む)をクリック

平成30年3月30日、午後3時にブログを書いてます。

今年は桜が一斉に咲き乱れ、あちこちで美しい姿を見せてくれています。

京都では円山公園や嵐山、鴨川沿いやたくさんの神社仏閣など

それは奇麗ですし、たくさんの人が見に来ています。

そんな素晴らしい桜たちと対照的に、近くの山の中にも桜がポツンと咲いてました。

よく見ると、あっちの山にもこっちの山にも雑木に紛れながら、

誰に見せるわけでもなく、また誰も手入れしなくても

毎年春になると必ず花を咲かせます。

人が見ていようが見ていまいが、褒められようが褒められまいが、

山の桜は、手を抜くことなく、春が来れば自分の仕事を一生懸命に全うするのですねえ。

人の世界に例えて言うと、

有名な桜の名所が映画の主役なら、山の桜はセリフもないただの通行人かもしれません。

また、常にスポットライトを浴びながら仕事をしてる人に対して、

誰も気づかない地味な仕事のようでもあります。

しかし、どんな仕事でも一生懸命にやっている人は、美しいですね。

もし、「目立たない地味な仕事は嫌。」とか「誰も褒めてくれない!」と

くさっている人がいれば、山の桜に笑われます。

武者小路実篤の言葉に「人見るもよし、人見ざるもよし、我は咲くなり。」というものがあります。

まさに山桜、そして人間もそうでないといけません。山桜に負けないようにがんばりましょう!

 

(あとがき)

 山の桜と言うと、私の高校時代、いかにも実直そうな先生が剣道部におられ、

その先生が誰もいない道場で一人素振りを黙々と何百回もこなしているのを

柔道場から見てました。(私は中学~大学まで柔道部でした。)

その先生が定年後、雨の日も風の日も毎日朝早く誰もいない公園で、

子供たちが楽しく遊べて怪我をしないよう、

小石を拾ったり草をむしったりと一人掃除を続けていたことを、

亡くなった後に聞きました。

いかにもその先生らしいエピソードです。

 山の桜も一目置くような、素晴らしい生き方ですね。

  

次回の更新は、4月10日前後かな?

毎月、10日、20日、30日前後に更新する”予定”です。

いつまで続くかな?

 

 

 

 

 

 

サイトメニュー

・ホーム

・ 事業内容

・ 代表者略歴

・お問い合わせ

・ブログ(勝手に一言)

・リーダーの皆さんへ

・若い人たちへ

株式会社SSプランニング

メール:samura@ss3648plan.com

2023年9月現在の関係先企業

・株式会社ファーマフーズ

(東証プライム)取締役

・株式会社アクトプロ 顧問

・株式会社光陽社

(東証スタンダード) 顧問 

・株式会社官民連携事業研究所 顧問

・薫風舎 顧問