忠臣蔵を考える。 No30

「時は元禄15年12月14日、江戸の夜風をふるわせて・・・・・」

討ち入りを決行した赤穂の浪士たち、ご存知忠臣蔵の話しですが、毎年この季節になると、必ずと言っていいほどに

テレビ等で忠臣蔵の映画などが放映されます。

これほどまでに日本人に愛されている忠臣蔵ですが、今日は忠臣蔵について、勝手に一言かましてみたいと思います。

そもそもこの話、考えてみるとちょっとおかしい感じがします。

何かの本にも書いてありましたが、切りかかったのは浅野内匠頭の方で、吉良上野介の方は被害者なのに敵討ちされて、

普通に考えると吉良の方は、とばっちりもいいとこで、

「何で俺が殺されないといけないのか。」と思ったでことしょう。

逆に、吉良の家臣が「殿中で、主人に切りかかって傷つけ、家名にも傷がついた。許せん!」と

浅野家に切り込んで敵を討つ方が自然の流れではないでしょうか。

次に、

物語では、喧嘩両成敗にもかかわらず、浅野内匠頭のみ即刻切腹、吉良はお咎めなし、

それが許せないのでご政道を正す目的で吉良を討つ!

となっているのですが、これもおかしな話で、吉良も刀を抜いて戦っていたらその通りでしょうが、

一方的に傷つけられた吉良と、刀で相手を殺そうとした浅野とでは、喧嘩両成敗とはならないですよね。

可哀そうな被害者のお年寄り(吉良)とカッとなって刃物で老人を殺そうとした狂気の加害者の関係だと思いませんか。

どう考えても切りつけた方が悪いのは明らかです。

例えば、

会社で若い部下が、年配の上司にいつも小言を言われているからと、

ある日会社の中で、包丁を持ってきて切りかかり、

裁判でその若者が悪いという結果になったら、後日その家族や友人が徒党を組んで上司の家に

押し入って被害者を殺してしまう。

そのような話と同じではないでしょうか。

こんな理不尽なことが許されていいのか!と思うのですが、

なぜか、赤穂浪士は称賛されるんですね。

三つ目に、

百歩譲って、ご政道を正すと言うことを是とするならば、

時の権力者で一部始終を見ていた(判断した。)柳沢吉保(やなぎさわよしやす)あたりを襲う方が

理にかなっていると思います。

忠臣蔵の本質は短気は損気の典型で、しかも怒りの矛先が違うように思うのですが・・・・・、

ただ、最後には赤穂浪士が本懐を遂げて良かったなあ、と思ってしまう。

そんなこんなで、おかしなことばかりの「忠臣蔵」ですが、

多分に配役による先入観があるように思います。

大体、浅野内匠頭はまじめなイケメンで少し線が細くて、母性本能をくすぐるタイプの役者で

大石内蔵助は高倉健のようにどっしりとした信頼感があって、顔つきもりりしいのですが、

吉良の方は、いかにも意地悪な嫌な年寄りの感じで描かれています。

これを、浅野内匠頭は、木下ほうか、大石をくっきー、吉良を西田敏行あたりががやれば、

「吉良さん可哀そう。」となるのでしょうね。

まあ、あまり固いことを言わなくても楽しめればいいんでしょうが、

屁理屈ついでにもう一つ、

昔、子供のころに母に買ってもらった、「イソップ物語」の本がありました。

その中で、アリとキリギリスと言う話があって、その挿絵が冬の寒いときにキリギリスが

なぜか知りませんが、松葉づえに包帯を巻いて、アリの家の前でバイオリンを弾いている絵だったのを覚えています。

冬の寒い日にケガをしたキリギリスが、食べ物もなく仕方ないのでアリさんの家に行って

バイオリンを弾きながら食べ物をください、と言っているのに

鬼のようなアリは自分たちにはたくさん食料があるにもかかわらず追い返している、

これは、自分たちに食料があったら貧しい人には与えないとダメですよ、

アリのように冷酷な人間になってはダメですよ、という話と思っていました。

それが、

夏の間に遊んでいたキリギリスは冬になると食べるものもなくなってしまう、

それを見たアリが、「ざまあ見ろ、自業自得だ、そんな奴は凍えて死んでしまえ。」

と冷たく追い払う話だとは大分後になって知りました。

えっ、「そんな話じゃない?」

でも結果的にアリは食べ物をあげないのですから、そのままではキリギリスは死んでしまいます。

これは、いわゆる「未必の故意(みひつのこい)」と言うやつで

そのままでは死んでしまうことを知っているのに、あえて何もしなかったことは、充分犯罪になります。

子供に聞かせる話なら、

アリは食べ物をあげて、一緒に働こうとキリギリスを誘い、キリギリスも感謝して

一緒に働き冬を乗り越えた、良かった良かった! とすべきでしょうね。

みなさん、

どう思いますか?

そこで、

少し調べてみたら、

実は、1930年代にウォルトディズニーが、アリとキリギリスの物語を映画にしたそうですが、

その時の最後はアリがキリギリスに食べ物を与えて、みんなで幸せに暮らした、

と言う話になっていたそうです。

さすが、

ディズニーですね。

さて、

現代社会においても、自分が悪いのに上司や会社のせいにしたりして、

怒りの矛先が違うだろうという人や

自分が得たものは、びた一文他人にやるのは嫌だという人、

いろんな人がいると思いますが、世の中は人と人の関係で成り立っているものです。

「来るものは拒まず、去る者は追わず。」

どんな時も優しく微笑む、そんな人間になりたいですね。

と、まあ

好き勝手なことを言ってるうちに今年もあと11日、

キリギリスのように年中遊んでばかりでしたが、何とか年を越せそうです。

このブログも30回を数えることができました。

次回は今年最後のブログの更新を30日あたりに予定しています。

では、また次回。

 

 

 

 

 

 

 

サイトメニュー

・ホーム

・ 事業内容

・ 代表者略歴

・お問い合わせ

・ブログ(勝手に一言)

・リーダーの皆さんへ

・若い人たちへ

株式会社SSプランニング

メール:samura@ss3648plan.com

2018年7月現在の関係先企業

・株式会社ファーマフーズ

(東証二部)取締役

・株式会社フューチャーラボ 取締役

・株式会社ファーマフーズ 通販顧問

・株式会社プロント 

 チーフアドバイザー

・株式会社アクトプロ 顧問

・薫風舎 顧問

・伊三郎製ぱん大野城店オーナー

・伊三郎製ぱん志免店オーナー